森崎和江さん追悼  ~他者を孕み孕まれ生きてゆく~ (熊本日日新聞掲載)

 初めて森崎さんと出会ったのは2000年代の初め、私が旧ソ連に生きる高麗人を訪ねて中央アジアへと向かった頃のことです。高麗人とは、朝鮮半島からロシア極東へと流れゆき、さらにスターリンによって中央アジアへと追放された人々。植民地と戦争と無数の死で形作られてきたこの近代世界の周縁を彷徨いつづけてきた者たち、とも言えましょう。あの頃、近代世界の周縁へと、分断され打ち捨てられ見えなくされている領域へと、私もまた彷徨いの旅を重ねていました。この世の多くの命にとっては無惨でしかないこの近代を突き破り、生きてゆく言葉を闇雲に探していたのです。そして森崎さんは、彷徨う私にとって、夜空の北極星のような孤高の導きの星なのでした。

 初めて会ったその日、宗像の海辺を共に歩き、鐘崎の海女の話を聞きました。海女にちなんでいただいた本、『海路残照』は、人魚の肉を食べたために不老不死となった八百比丘尼の伝説を追って玄界灘から日本海沿いに北上し、津軽を経て松前までの旅を綴ったものでした。それは、国家神道の神々によって追放された、名もなき風土の神々を訪ねゆく旅の書であり、なにより近代国家のナショナリズムと深く結びついた「死の思想」を振り捨て、「生の思想」への道を拓かんとする必死の思いに突き動かされた彷徨の書でもありました。でも、二十年前の私は、そのことを森崎さんと語り合えるだけのものを持っていなかった。

 逆に私が森崎さんにしきりに尋ねたのは、森崎さんの生まれ育った地、朝鮮のこと。植民者の子として森崎さんが骨身に刻んだ朝鮮への原罪意識に私は圧倒されるばかりだったのですが、今思えば、もっと大切なことがあったのでした。

 なんとも恐ろしいことに、森崎さんのたどった道を追いかけるように旅をして、ようやくのことで、かつて森崎さんとやりとりしたことの意味が分かるんです、長い彷徨いのすえに、森崎さんの「旅」と「生の思想」と「朝鮮」が私の中で一つに結ばれたとき、アナキスト森崎和江が出現したんです、そのことを森崎さんと語り合いたかった、森崎さんが倒れて言葉を失う前に……。

 かつて、朝鮮にとっては他者であり異物であるはずの日本人の子、森崎和江の命を愛おしんだ朝鮮の女たちがおりました。森崎和江はまるで朝鮮に孕まれたかのようでした。それはもう強烈な原体験です。やがて自分自身が新しい命を宿した時、森崎さんは身体感覚で「生の思想」をつかみとるんですね。そもそも命とはすべて他者として到来するのだ、命とはすべて「私」に孕まれる「他者」として始まるのだ、とすれば、自他の峻別を基本とする近代国家の言葉で、いったいどうして他者を孕んだ私の物語を語ることができようか、と。

 生きてつながってゆく命には、国家を超える新たな言葉、新たな思想。今そう語る私は、森崎和江に孕まれた他者であり、他者森崎和江を孕んで生きる私でもあります。「生の思想」を紡ぎながら生きること、それが私にとっての森崎和江追悼なのです。

『闘いとエロス』 メモ

 わたしの感覚の創造主である朝鮮の群衆と山河がほうふつと浮かぶ。わたしの心が激しく首をふる。あれをほろぼしてはならぬ、という。あれをにほんで使え、という。

 どこで使うね…… 朝鮮は岩なのだ。

 

 

室井腎(谷川雁)とその地元から来た青年たちの水俣方言の会話、閉じた共同体の閉じた笑顔。

 

 にほんのどこの方言とも自分が緊密でないことは、わたしを二重に孤独にしていた。定着の場のない思いと、この定着しがたいにほんの外に固定している思いである。

 嘔吐がつきあげた。

(中略)

朝鮮は固かった、と思う。農民といえどあんなふうに決して歯を見せなかった、と思う。それは侵入者への抵抗であるといまは知っているけれども、幼時からそれしか知らぬわたしには、その対決のまなざしが母の教えのように信頼される。あれでなければならぬ、と思う。朝鮮は固かった。あの民族の美しさはその岩にある。わたしはこれからの生涯を、大きすぎるズロースみたいなこの追従の笑いにかこまれて生きるのか。それを愛しようとするのか……

 

絶望。これもまた森崎和江の原点。

 

密かな、しかし揺るがぬ抵抗の精神。岩。これも原点。

 

朝鮮のうちなる朝鮮、あのきり立つように冷ややかであったプライドと、わたしはいっしょにやりたいと思う。

 

「見とおしがたたないものだから朝鮮語をやっています」

 

「あたしね、朝鮮を探してきます。きっとそうするから、そのとき、具体的なことあなたもいっしょに考えてもらいたい……」

 

 

この対話は、室井腎(=谷川雁)との間では成り立たない。

男の想像力、そして、それによって形づくられた共同体のなかでは、成り立たない。

 

わたしらは対話ができがたくなっていた。話法を探さねばならない。

 

サークル村、大正行動隊と、新たな開かれた共同体(コミューン)を目指して立ち上げられたはずの運動が、どうして閉鎖的な共同体へと向かっていくのか?

 

反権力集団の体質が、国家原理と類似しがちなのはなぜなのか?

 

あたしは日本の社会構造っていうか、それによる民衆の精神構造っていうのか、人間たちと自然とがかみあって作りあげた総合的な構造に或る限界があって、その内的な欠陥が侵略という形に同調して現われるほかなかったんじゃないかと考えるんです。そして炭坑で闘争を経験して、にほんの組織とか集団の質を知って、やっぱりそうだという気持が深いんです。そこをきちんと論理化して、そして具体化させたい。まだ感じだけしかいえないんです。にほんの意識構造は自己集団内的には矛盾の解決法も生み出せるけど、異った原理との接触の思想をもってない。 P310 

 

エロス

けれども、その組織づくりは、千の万の少女の死臭と歩く。千の万の、夜を歩く。わたしが死に果て、わたしのあとのわたしが果てて、たくさんの男らの、血を吸い、その死骸をあたためながら歩かねばならない。わたしらの組織は一人の少女を強姦し殺した。

 

こうして『闘いとエロス』の中の森崎和江の言葉をたどるのは、

わたし自身があの日、森崎さんから投げかけられた問いになんとか応答したいと思っているからなのだ。

 

ここで語られているエロスには、死の匂いしかない。

 

 

 

 

 

森崎和江 自意識 メモ

即自的な私はコスモポリティクな流亡の徒であって、定着する日本の共同体意識のどのランクにも入りこめない。強いていえば遊芸売笑の賤しさで民衆のエキスを伝播して歩く遊行女婦(うかれめ)グループの心情を伝承している。

 

大海にほうりすてられ、青天にあそぶ砂のひとつぶである。私は自己に忠実であろうとした。自己を律する鉄則を自己の内面に見る。そのようにして私は生存の原論理と歴史の必然とを拮抗させようとしてきた。のがれるすべはない。私がずいぶんまわり道してアジアを自分のなかにみたようなものだった。

(「非所有の所有」)

森崎和江「わたしと言葉」 「祖母たちのくすり」メモ

 

女の人は、というか、わたし自身が女ですから、女の意識とか感性とかの中には、書き言葉によって自分を認識するということよりも、話し言葉によって自分や世の中を感じ取ったあとが残っています。またひとりひとりの女は、わたしが自分のからだの変化を想像の世界に取入れかねたように、それがずっと永い間経って、やっと自分の中に定着する。永い間とはどういうどういう永さかと言いますと、男を知って、その他人を自分の中に取入れて、子をはらみ、胎内の他人とも自分ともつかぬものを外に出して、そして、ひとりの「わたし」というものが完成する。(中略)

 それは完成というよりも、言葉のカオスです。そういうふうに、他者を内側に取入れてようやく完成してきている感じ。(中略)あるいはわたしは朝鮮で育ちましたけれど、朝鮮の風物、朝鮮の人々、そういうたくさんの不特定な人々や物たちの存在が、わたしに電波のように這入り込んでくることもふくみます。わたしの言葉の世界というのか、わたし自身というものは、そういう這入り込んで来た他者たちが熟してきたというのかな、(後略)

 

 

これは、「女」というくくりで理解する言葉ではなく、そもそもこの世界において「他者」とされてきた者が発する言葉として受け取りたい。

 

女は書き言葉の世界に這入って行ってみると、その書き言葉に込められている概念とか、それにくっついている社会的通念とか、感性とか、そういうものにひっかかります。わたしなどは、それらを全部ばらばらにして、それぞれ音楽みたいなものにもどして、それを自分の心身の感応にちかいものに組み直さなければ、自分の言葉にならないんですね。

わたしは永いこと外側にあるいろんな言葉を借りて、自分と言葉、あるいは、自分が日本で生きなければならない事実を、観念させようとしてきました。「お前さん、もうどんなに逃げ隠れても駄目だよ、このまま一生を送るんだから、日本語をちゃんと使って、みんなにまぎれこんで、正体がわからない様に生きなさい」と自分に命じ続けていました。その為には書き言葉にすがるしかなかったんです。

 

標準語世界=近代世界からの、言葉の破壊と創造による脱出の企みの出発点。

 

村共同体が共同体として昔と同じ形ではない様に、わたしは流れ者ですなんてさっき言いましたけれども、流れ者が流れ者としての伝統を生かすすべも昔のままではなくなっています。ですから、生まれた村に住めなくて、よその村から村へと流れ歩いた人々にわたしは付いて回ってますけど、その人たちが切り開いた媒介者の伝統を、これからのわたし達のつながり方みたいなもののなかに生かしたいなと、

以上「わたしと言葉」

 

かつて村々は、悪霊や疫病が村へ入ってこぬように、そして豊作が村を訪れるよう、さえの神さんを峠や村境に祀ったのだという。ところでそのさえの神のそのむこうから、よその地方の産物を運んでくる人びとがいた。そのような人をとおして、他国の話が村につたわった。村では出稼ぎの手づるも、そのような人にたのんだ。嫁のせわをねがった。争いの解決をたのんだりした。それはささやかでも、村とそとの世界をつなぐ、くらしのなかの文化の道だった。物々交換や、花の御札というお祝儀でみせてもらう芝居や、わずかな銭で買う他国の品々。それらはどれも村びとにとっては、どこからかやってくる人によってもたらされるものだったのである。

 

媒介者としての「他者」を想う。

 

わたしは暇をみつけては村や町の祭りをのぞいたり、露店のざわめきのなかを歩いたりしている。また産土の神と土地の人びとのかかわり方を感じとろうと村里をうろついている。そのようなときに心にうかぶちいさな島がある。それは玄界灘のまんなかにぽつりと針で突いたように浮かぶ無人島で、沖ノ島とよばれた。

 

ここから、宗像三神の国神道での位置づけと、沖ノ島を「おいわずさま」と呼んで信仰する漁師たちのなかでの宗像の神との大きな隔たりを森崎和江は語りだす。

それは、香具師たちの神「神農さん」と大阪の道修町少彦名神社との関係の考察へとつながってゆく。

 

神農さんという呼び名でしたしまれ、神農祭をもつこの社が、少彦名神社と名乗るそのいわれを、社務所では、古くから合祀してあったためだと説明した。ところで、『浪華百事談』という浪華のよもやま話をつづった書に、この社のことも出ていて、神農は明治維新廃仏毀釈のあおりをうけて、その呼び名も祭日もかわったとしるしてあった。

 

いまから百二、三十年まえのこと。そのころは医師のほとんどは道の者として職人衆のなかまだった。医師と陰陽師、薫物売と薬売、一服一銭と煎じ物売、などと職人歌合にも古くからあるように、町や村を巡歴した。(中略)この巡歴の医師薬売師をこそ待ちこがれる村びとも、ふえたのである。神農を稼業のおやとするものは、さぞ多くなっていたことだろう。

 

神農と香具師のつながり。

 

森崎和江。言葉。メモ。

 私は政治的に朝鮮を侵略したのではなく、より深く侵していた。朝鮮人に愛情を持ち、その歴史の跡をたのしみ、その心情にもたれかかりつつ、幼い詩を書いて来たのである。 

 

 自然界といのちとのシンフォニーへの愛をはぐくんでくれたのが「日帝時代」の大地であったこと、また、その大地に響きわたっていた歌とリズムであったことが、つらくて、幾度となく崩れました。

 

 それでも、表現とは、自分と外界との響きあいを、ことばや音や色や形へと対象化させることだと思いつづけてきました。というより、生きることは本来そういいうものなのだと考えるようになってきました。 

(『森崎和江詩集』思潮社 あとがきより)

 

 詩とは、自然や人びととのダイアローグだと、幼い頃から思っていました。

 

 新しい境地、新しい言葉の世界、そういうものを切り拓かない限り、詩にはならない。

 

 生きていく、ということは、やはり、対話する空間を作り合うことでしょう。

 木霊のように返ってくること。響き合う力。同じ形でなくても、続いていく持続力というようなもの。(『森崎和江詩集』思潮社 インタビューより)

 

■詩ひとつ。森崎さんの。まるで遺言のような。

 

「祈り」

 

会いに行かせてね

風になって

 

きっとだよ

 

歌ってるからね

骨も

 

約束します

 

会いに行かせてね

海をこえて

 

指切りします

 

歌っていてね

泣いていても

 

みえなくってもよ

 

会いに行かせてね

歌ってるからね

 

ゆりかごの……

 

 

■そして、この詩句 

「シンボルとしての対話を拒絶する」より

(未完のはじまりの歌としてこれを聴く)

 

女の声

アナーキーな氾濫がわたしをかむ

欠如があすの詩をささやく

あなたのモノローグを裂くときに

男の声

おわっていくぼくの詩

今日の文明のおしゃべりな部分

不具なカルテルの旗よ

信徳丸(俊徳丸)  瞽女唄 説経祭文 江州音頭  メモ

説経祭文「信徳丸一代記」の写本(これを「長野本」とする)とされているものが、『日本庶民生活史料集成』17巻に収められている。

 

◆この写本には、「長野市新田町九拾弐番地内三番」「明治廿一年三月廿八日 新田村藤田三義用」「たかだよこまち」「このしまいは、せつきようさいもん拾弐段しまい」という書き込みがある。

◆各段に「せつきょうさいもん」とあるが、裏表紙に「信徳丸くどきぶし」とある。

◆この「長野本」は瞽女唄との深いつながりを指摘されている。

 

ところが、

6代目(幕末頃)からその本拠地が多摩の農村地帯に移った説経祭文の太夫たちが所有していた「信徳丸」写本は、ただ一冊。

10代目内田総淑の「信徳丸一代記 善兵衛住家 祈り釘の段」(これを「十代本」とする)のみである。

 

一方、「長野本」には、「十代本」にあたる部分は存在しない。

 

つまり、明治期以降、多摩の説経祭文の太夫たちは、説経祭文「信徳丸一代記」正本の写本とされている「長野本」を演じたことは一度もない。

 

越後の瞽女は、「長野本」+「十代本」の内容を歌い語っていた。

そして、江州音頭は「長野本」の内容を歌い語っている。

  (cf 明治・大正期のSP盤、現在の江州音頭「俊徳丸」)

 

実際に、瞽女唄「信徳丸一代記」と深い関わりが推測されるのは、説経祭文ではなく、江州音頭なのである。

 

瞽女唄「信徳丸一代記」と江州音頭「俊徳丸」の結び目に、上州祭文(デロレン祭文)があることは一つの可能性として考えられる。

(そもそも、江州音頭誕生の背景に、近江での上州祭文語りの活動がある)

 

江州音頭⇔上州祭文⇔瞽女唄  江州祭文⇔上州祭文⇔説経祭文

 瞽女唄⇔説経祭文

 という流れはありうるかもしれない。  

 いずれにせよ、重要なのは、そのおおもとと推測される「江州音頭」 

 そして、「説経祭文」と「長野本」の関係は、むしろ不明と言わざるを得ない。  

 

影響関係を考える上で気になるのは、信徳丸(俊徳丸)に呪いをかける継母の名前。

◆「長野本」 おたま  「瞽女唄」 おつじ

この二つは、文楽版「信徳丸/俊徳丸」である『合邦摂州が辻」から取られている。

その意味では、つながりがある。

 

◆「江州音頭」 おすわ  「十代本」 おすわ

この二つはまったく同じ名前。

影響関係を推測するならば、やはり「江州音頭」⇒「説経祭文」ではないか。

ただし、「江州音頭 俊徳丸」に「十代本」にあたる内容が含まれているかどうかは、もう少し江州音頭を調べてみないとわからない。

ただ、江州音頭「俊徳丸」で詠まれる内容は、実際に河内の風土に根差した神とその「社(やしろ)」を知らねば作りようもないご当地ソングであることは、考えるうえでの大きなポイント。

 

◆「江州音頭」も「長野本」も「瞽女唄」も、河内の春日様(現在も元春日と呼ばれる恩智神社と推測される)において継母は俊徳丸(信徳丸)に呪いをかけ、

俊徳丸(信徳丸)は河内の天王原(現在も天王の森と呼ばれている恩智神社のすぐ近く場所)に捨てられる。

そして、河内の風土や地理を知らない瞽女たちは、おそらく「江州音頭」から伝播してきたであろう「信徳丸一代記」を歌いながらも、その冒頭で、うっかり河内のことを「足柄山の東」と歌ってしまう。

 

と、「瞽女唄 信徳丸」を江州音頭とのつながり書き連ねてはみたものの、ここまですべて推測に過ぎず、確証はない。

 

以下は、ここまで考えてきた過程で、気づいたことをメモ。

◆明治期には多摩の農村の芸能になっていた「説経祭文」には、数多のSP盤が発売されている「江州音頭」ほどの影響力はなかったことは確かと思われる。

◆多摩の説経祭文の太夫たちが残した数多くの写本のなかに占める「薩摩若太夫正本」は、ほんのわずか。太夫たちが語った「信徳丸」とは、十代本のほかは、説経ネタの「信徳丸」でも「長野本」でもなく、実は文楽の人気の外題『合邦摂州が辻』だった。

 

やはり盛んに語られた『八百屋お七』『日高川」『佐倉宗吾』といった題材も、もちろん説経ネタではない。

瞽女江州音頭の音頭取りやデロレン祭文の祭文語りたちと同様、説経祭文の太夫たちも、当時流行りのネタを盛んに語っていた、ということも忘れてはならない。